土地選びで重要な地域住民との交流

土地を探す際に、参考として欠かせない点は、地域住民との交流です。どんなに景観が良くて陽当たりの良い土地であっても、近隣の住民と上手くコミュニケーションを取れないと快適な生活は望めないでしょう。地域住民との交流が上手くいかず、自治会や町内会への加入を認めてもらえなくて、せっかく手に入れた土地を手放してしまう事例もあります。地域のコミュニティに上手に溶け込めれば、地域住民と野菜の交換をしたり、お祝い事に呼んでもらえたりするでしょう。

地域住民と上手く付き合うには、自主的に交流の場に参加しなければなりません。交流の拠点は、地域ごとに異なるため、近隣の住民と接しながら交流拠点をおさえておくことが不可欠です。

地域住民はどこで交流しているのか?

地域住民の交流拠点を見極めるためには、まず積極的に町内会など地域の集まりに参加してコミュニケーションを図ることが重要です。町内会では、村祭りや町内清掃など地域住民が協力する場が多いので、最初は前向きな姿勢で参加しましょう。地域に貢献する姿勢を見せれば、次第に受け入れられます。また、地域住民が集うのは、公民館などで開催される体操教室や句会など共通の趣味を持つ住民のイベントも多いでしょう。こうしたイベントは、公民館のサイトや掲示板に公表されていることが多く、自ら探して申し込むことが必要です。

無料温泉がある地域では、地域住民の井戸端会議の場として機能していることもあり、文字通り裸の付き合いができるため、地域住民との交流の拠点としておさえておきましょう。