周囲に住んでいる世帯構成によって生活施設も異なる

土地探しをする上で地域の環境を調べることは大切なのですが、地域の環境の中には周囲に住んでいる住民の世帯構成も含まれています。実は土地によって住んでいる住民の世帯構成が偏っていることがあり、ファミリー世帯が多く生活している地域もあれば単身世帯が集中している地域もあります。このように周囲の世帯構成がある程度決まっている土地には、その世帯が生活しやすいような施設が集まりやすい傾向がみられるのです。

例えばファミリー世帯や子育てをする世帯が多く集まる土地では公園や学校、保育園や幼稚園などの教育施設が集中していることが多いです。そのような地域だと子育てをする上では利便性が高い反面、子供がいない世帯にとっては音が気になるという特徴があります。

将来的に変化していくことも視野に入れる

このように土地探しをする際には周囲の世帯構成も調べておくと、地域の環境や自分たちに必要な施設が揃っているのかどうか目安にしやすくなっています。ショッピング施設や郵便局、銀行などの金融施設は周囲の世帯構成の影響を受けにくいので参考にしにくいものの、それ以外の生活施設が充実しているかどうかで集まってくる世帯構成が異なってくるためです。ただ時間の経過によって世帯構成も変化していきますし、自分たちのライフスタイルも変化していくことを理解しておく必要があります。その上で将来的に自分や周囲の世帯構成が変化しても安定して生活できる環境が整っているのかどうか、見極めておくことで土地探しに失敗しにくくなります。